少額短期保険の特徴って? 加入のメリットと活用のポイント

生活

この記事を書いた人

宮野 亮一(ファイナンシャルプランナー)

1995年大学卒業後、空調関係のメーカーに就職。このころ職業能力検定の一つとなったファイナンシャル・プランニング技能士、いわゆるファイナンシャルプランナーという仕事に興味を持ったことがきっかけで、2001年に損保系生命保険会社へ転職。主な業務は、家計相談やライフプランニング、そして個人・法人保険の販売。12年の経験を積み、より幅の広いコンサルティングアドバイスするために現職へ。個人の家計相談はもちろん、ライフプランセミナー、相続・事業承継等のコンサルティングを行う。ほけんペディアでも、幅広い分野の記事を執筆中。
■保持資格:AFP資格2019年度MDRT成績資格会員(Court of the Table会員)相続診断士
この執筆者の記事一覧

少額短期保険はいわゆるミニ保険のことでさまざまな商品があります。加入するメリットや活用する方法について紹介します。

少額短期保険って何?

少額短期保険の特徴

少額短期保険は、2006年4月の保険業法改正により誕生しました、文字通り少額で短期の保険契約の引受けを行う保険会社であります。

少額短期保険は、補償額が最大1,000万円まで、保険契約期間は1年(第二分野については2年)以内となっています。

少額短期保険の保険金額は?

少額短期保険業では、次のとおり保険の区分に応じて1被保険者について引受ける保険金額の上限が設けられています。

なお、1~6の保険の保険金額の合計額は1,000万円が上限となります。

  1. 死亡保険 300万円以下
  2. 医療保険(傷害疾病保険) 80万円以下
  3. 疾病等を原因とする重度障害保険 300万円以下
  4. 傷害を原因とする特定重度障害保険 600万円以下
  5. 傷害死亡保険 傷害死亡保険は、300万円以下
    (調整規定付き傷害死亡保険の場合は、600万円)
  6. 損害保険 1,000万円以下
  7. 低発生率保険 1,000万円以下

出典 一般社団法人日本少額短期保険協会ホームページより

一般的な保険との違い

少額短期保険会社と保険会社で大きく異なるのは、事業認可を受けるにあたっての規制の厳しさ、事業の規模、契約者保護機構の加入の有無などがあげられます。少額短期保険は、財務局による登録制となります。

一方で保険会社は金融庁による免許制度となっているほかに、会社資本金が最低で10億円必要となるなど、ある程度の事業規模の大きさが保険会社に対して求められます。

保険会社が破綻した際の仕組みも、少額短期保険会社と保険会社では異なります。

保険会社は保険契約者を保護するための契約者保護機構への加入が義務付けられており、経営が破綻した場合は、原則として責任準備金等の90%までが補償される仕組みとなっています。

少額短期保険は契約者保護機構の対象外となりますが、最低資本金とは別に、法務局へ一定の供託金を預けることが義務化されており、万が一経営が破綻した場合、供託金の中から補償がされる仕組みになっています。

また、供託金の義務化以外にも、長期保険の禁止(最長2年)、保険料運用の規制(普通預金と国債・地方債の取得等に限定されている)、補償金額の上限設定(1件あたり1,000万円まで)など、様々な規制措置を講じることで、業務範囲を最小限に抑えて経営の安定化と契約者の保護を図っています。

少額短期保険に加入するメリット

保険料がお手頃

少額短期保険は、ミニ保険とも呼ばれており、保障の内容がシンプルで分かりやすく、保険料も比較的に安いという特徴があります。

生損保にはない商品もある

少額短期保険には、ペット保険や葬儀費用に特化した保険また特定の病気(例えば糖尿病)に特化した保険などがあります。

契約が難しい人でも加入しやすい場合がある

生命保険に加入する時には必ず告知書、健康診断結果の提出または医師の診査が条件になっております。

しかし、高齢になると病気・けが等で入院や通院をしていたり、医師から処方された薬を飲んでいるということはよくあります。だからといって、生命保険に加入できないという訳ではありません。

少額短期保険の場合、保険金額もあまり大きくありませんので、簡単な告知で加入できる場合もあります。

少額短期保険を活用するポイント

加入する前に今入っている保険を見直す

まず、ご自身が加入している全ての保険(生命保険・損害保険)を把握することが必要になります。

エクセル等を使って表にしてまとめるとより分かりやすくなります。そうすることにより、保障の金額や期間は適正か、重複する部分や不足する部分がないかが見えてきます。

少額短期保険の保険金額はトータルで1,000万円までで保険期間も生命保険や医療保険で1年、損害保険で2年と短期ですので、現在加入されている保険と組み合わせ考えてみましょう。

まとめ

少額短期保険の保障範囲は生命保険・損害保険・ペット保障の分野に大きく分けることができます。

今ではペットを飼う人も年々増加し家族同様の存在になってきました。

我々が病気やけがをした場合は年齢や住んでいる自治体よって異なりますが0割~3割負担(差額ベッド代、自由診療等は除く)と健康保険を支払っている為、低額で済む場合が多いです。

しかし、ペットが動物病院で診察される時は我々と比べると費用の負担は多くなる傾向があります。

この様なことを背景に少額短期保険を扱う会社や保険種類が増えております。

まずはご自身・ご家族の保険内容を確認いただき、足りていない保障や今では考えていなかった部分の保障を少額短期保険の活用が良いと思います。

プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。